4月18日に行われた外国特派員協会記者会見の冒頭発言全文を英訳含め掲載します。
※取材掲載記事・出演スケジュールはこちらです(4/25更新)

---
以前、福島県知事をしておりました、佐藤栄佐久と申します。
福島第一原発は、できてから今年でちょうど、40年になるところでした。
そのうち18年、約半分の期間、私は知事として、原発が次々巻き起こした問題に取り組みました。

わたくしは、今度の事件は、起こるべくして起きたものである、決して「想定外」ではなかったと、そう思っております。

なぜ、防げなかったのかについて、本日は述べようと思います。この先、日本は原子力発電についてどんな政策をもつべきか、それについてもお話します。

簡潔に述べまして、なるべく多くの質問を頂戴します。

それから、今日は原発のことしか話しません。もっと色々、私には話すことがあるのですが、それには、ざっと3時間半かかります。興味がある方は、ここにわたしの本を持ってきていますから、ぜひ買って帰ってお読みください。

本題に入ります。なぜ、今度の事故は防げたと思うのか。理由の1つは、去年、2010年の6月に起きたある事故です。実は、今度とそっくりの事故が福島第一で起きました。

6月17日のことです。
福島第一原発の2号機で、なぜか電源が止まり、原子炉へ水を入れるポンプが止まりました。冷却水が入らなくなって、原子炉の中の水が蒸発し始めました。今度と同じです。放置すると燃料棒が熱で崩れ、最悪の事態につながる恐れが生じたのです。

東京電力の説明によると、このときは非常用ディーゼル発電機が動いたそうです。それで、ポンプを手動でスタートさせ、水を戻すことができたということです。

しかし、電源を失うと何が起きるのか、東電はこのとき、意図しないかたちで予行演習をしたようなものです。これでもし、非常用ディーゼル発電機までやられたらどうなるかということは、当然心配しておかなくてはいけない事故でした。

電源について、もっと安全を図っておくことは、この事件ひとつを教訓としただけでも、可能でした。それが、理由の第一です。

理由の2は、日本の原発政策は、地震をずっと軽視してきたということです。

詳しくは触れませんが、神戸大学名誉教授の石橋克彦さんなどが、地震研究の進歩を踏まえ、原発の耐震基準が甘すぎると、たびたび警告しておりました。

今度の地震で、原子炉は自動停止し、当初は建屋もびくともしなかったから、むしろ耐久力が実証されたという人がいます。しかし、石橋教授が口を酸っぱくして言っていたのは、大きな地震が起きると、同時に色々な損害が起き、それが重なり合うと手に負えなくなる、ということでした。

現に、今回も全電源喪失という事態となり、水素爆発が起きてからは、作業にも支障をきたすということになったのですから、地震に耐えたことなど、慰めにならないわけです。

石橋教授は、今から5年前、国が原発の耐震基準を見直そうとしたとき、専門委員としてその作業に関わっていました。しかし、耐震基準を厳しくするといっても、いまある原発がひっかからない程度にするだけだということがわかったとき、抗議の意味を込めて、委員を辞めています。

地震の怖さ、とくに大きな地震がいろんな損害を生むリスクを軽く見ていたこと。そして、電源がなくなったときの恐怖は、去年の6月、事故を起こしてよくわかっていたこと。

と、これだけみても、福島第一の事故は防げたのだと、こう言えると思います。非常用電源を、津波でも大丈夫な場所に移し替えておきさえすれば、あんな事故にはならなかったわけです。

さて、それではどうして、国や、電力会社は、原発のリスクに十分備えようとしてこなかったのか。

それは、「安全でないかもしれない」という発想に立った政策には、まるでなっていないからです。

あれだけ危険なものと共存していきたいなら、リスクに最大限備えようとするのが当たり前です。しかし、リスクがあるとにおわせることすら、タブー視する傾向がありました。

つまり、日本の原子力政策は、次のようなロジックで成り立っているのです。

原子力発電は、絶対に必要である。
だから、原子力発電は、絶対に安全だということにしないといけない。

よく、東電という会社には、隠蔽体質があると、みなさん言われます。
それじゃあ東電の経営者を全部入れ替えたら、直るのかということです。

それから、保安院が経産省に入っているのはいけないから、これを出せ、という意見も聞きます。それをやるだけで直るのか、ということです。

わたしに言わせると、そんなことでは直りません。

福島第一原発、そして第二原発では故障やひび割れがたくさん見つかっていました。ところが、その点検記録を書き換えて、なかったことにしていたのです。
それがわかったのが、2002年8月でした。
このとき東電では、当時の社長と会長、担当副社長、それから元社長の相談役2人、合計5人がいっぺんに辞職しています。

辞めた相談役の1人は、経団連の会長まで務めた財界の超大物でした。
経営者を入れ替えろ、というのでしたら、一度それにちかいことを東電はしております。それでも、今度のことが起きたのです。

日本経済に必要な電力を供給するには、絶対に原発が必要である。
燃やしてできるプルトニウムは、貯めすぎると外国から疑われるから、再利用しないといけない。
つまり、必要だから必要なんだという理屈が、延々と続いていくのです。
危ないから注意しろ、というと、私のように、国家にとっての危険人物と見なされてしまうわけです。

これは、怖い理屈です。
国会議員だろうが、だれであろうが、この理屈には立ち向かえません。

そしてこれだけ有無を言わさないロジックが出来上がると、リスクをまともに計量しようとする姿勢すら、踏みつぶされてしまうのです。

しかも、事実を隠したり、見て見ぬふりをすることが、まるで正義であるかのような、そんな倒錯した価値観までできるのです。すべては、原発推進というお国のためなのですから。

こんな状態ですと、どれだけデータを見せられて安全だといわれても、安心できません。
なぜなら、安心とは、サイエンスではないからです。
安心とは、信頼です。違いますか?
原発を動かしている人を、国民が信頼できないと、安心はないからです。

私は、いまある原発を全部止めてしまえという意見では、ありません。
しかし、国民が原発に寄せる信頼がずたずたに壊れてしまった以上、いまのままの形で原発を続けていくことはできないと思います。


そこで最後に、この先の原発政策をどうすべきか、私の意見を申し上げて、終わりにします。

原子力安全委員会という、原発の安全政策の基本を決める組織があります。
権限は、紙に書かれたものを見る限り、充実しています。
しかし、実際には、ろくな審議もせず、有名無実です。
まずは、安全委員会を完全な独立組織とし、委員を国民から選ぶ制度にする必要があります。
その際には、わたしは喜んで手を挙げ、委員になろうと思います。

ドイツやフランスは、原発政策を変えるときなど、何年も何年も、議論を尽くします。
あらゆる過程に、市民の声が入る工夫をしています。

そんな悠長なことをしていると、日本経済がダメになる、と、政府や電力会社は言うでしょう。
これが、きょう私が申し上げた「絶対に必要だ、だから原発は安全だ」という原発絶対主義につながるのです。

いまは、ありとあらゆる方法を尽くして、長い長い手間と暇をかけて、データや紙切れのうえの安全性でなく、信頼に裏打ちされた安心をつくらないといけないときなのです。

日本の民主主義が、試されています。立派な仕組みをつくり、これなら安心だと、世界中の人に思ってもらう必要があります。
そうしないと、ここははっきり申し上げておきますが、外国の人もお金も、日本には入ってこなくなります。原発を生かして、日本経済をつぶすことになります。

それが、津波で命を落とした何千、何万の人たち、家を追われた何十万という人たちの、犠牲に報いる道でしょうか。原発に関わるすべての人たちは、この問いを、しっかり考えてほしいと思います。

以上で私の発言を終わります。

【以下英訳】

My name is Sato Eisaku, I was previously the governor of Fukushima prefecture.
This year marks the 40th anniversary since the Fukushima Daiichi nuclear power plant was built.
For about half of that time - 18 years - I dealt as governor with all manner of problems arising from the nuclear plant.

I believe that this current disaster was one waiting to happen.
It was not at all beyond expectations. This was no "black swan" event.

Today I would like to explain why such a disaster could not be prevented.
I would also like to say what policies Japan ought to have down the road, as regards nuclear power generation.

I will be brief so as to be able to field as many questions from the floor as possible.

Let me say, however, that today I will only speak about the nuclear plant issue.
There are many other things I would like to share with you, but that would probably take at least 3 hours and a half.
For those of you who are interested, I have brought copies of my book, so you are most welcome to purchase and read later.

Let us get into the heart of the matter. Why do I believe this current disaster could have been averted?
My first reason is based on an accident which occurred last year, June of 2010. In fact this particular accident is nearly identical to that which has occurred in Fukushima Daiichi this last March.

It was on June 17, 2010 that the incident occurred.
For some reason, the electricity supply failed in the second reactor at Fukushima Daiichi, and the pumps stopped sending water into the reactor. As the cooling system stopped, the water within the reactor began to evaporate. As happened this time. There was a risk that, left unattended, the fuel rods would become exposed and collapse from heat, leading to the worst possible scenario.

According to Tepco, the emergency diesel generators started and operators were able to manually restart the pumps and cooling system.

Less than a year ago, Tepco had experienced a test run, unintended though, of what would happen during an electric blackout. This was a malfunction which should have led them to naturally worry about what could happen if the emergency diesel generators had also failed.

It was possible to learn even from this single experience and plan for a more secure, safer, electricity supply.
This is my first reason to say that this current disaster could have been averted.

The second reason is that Japan's nuclear power policy has for long underestimated the risk posed by earthquakes.

I will not go into detail, but specialists such as Ishibashi Katsuhiko - professor emeritus of Kobe University - have repeatedly warned that the earthquake-resistance standards were far too lax, considering recent advances in seismology.

The nuclear reactors automatically stopped during the earthquake on March 11. The power plant buildings themselves stood intact at least at the outset - leading some to say this is proof that Japanese plants are earthquake-resistant. But professor Ishibashi had warned over and over that when large earthquakes happen, all sorts of things can go wrong. These damages accumulate and snowball into an uncontrollable situation.

As we know, in the current disaster, the nuclear plants lost their supply of electricity altogether. This resulted in hydrogen explosions which made it exceedingly difficult to contain and control the situation. To point out that the plants withstood the initial shock of the earthquake is cold comfort.

Five years ago, Professor Ishibashi acted as a member of a government committee to revise the earthquake-resistance standards of nuclear plants in Japan. He soon learned that, although the government talked of implementing "stricter standards", they were not to be set so high as to stop the operations of existing plants. He quit the committee in an act of protest.

In other words, those responsible had brushed off the many real risks posed by earthquakes, particularly large ones. Furthermore, Tepco had been given a chance to learn about the terror which could follow when electricity supply fails in the accident last June.

Just considering these two facts leads me to say that the Fukushima Daiichi disaster could have been prevented. Simply transferring the emergency generators to a place safe from Tsunami's way would have been enough to stop all this.

Why, then, have the government and utilities not adequately prepared against these risks?

Simply put, they had not taken measures on the premise that "things might not be safe".

If one wants to take advantage of such a horrendously dangerous thing as nuclear power, it is only natural to prepare to the fullest for every possible risk.
But even to indicate that there might be risks was made a taboo. Such was the prevailing tendency.

Japan's nuclear energy policy followed from a different set of premises. Their logic was as follows:
Nuclear power generation is absolutely necessary.
So nuclear power generation must be seen as being absolutely safe.

Everybody criticizes Tepco as having covered up many faults.
The question is whether things would improve by replacing all the company's top managers.

There are also others who say that the Nuclear and Industrial Safety Agency should not be under the control of METI (Ministry of Economy Trade and Industry). The agency should be made autonomous. But will the situation improve by splitting apart the agency?

In my view, those will improve nothing.

Consider this: many malfunctions and cracks had been found in the Fukushima Daiichi and Daini reactors in the past. But records of these inspections were falsified and made as if they never occurred.
That cover-up was made public in August of 2002.
At the time, Tepco's then president and chairman, vice president in charge, and two former presidents, then advisors - these 5 individuals resigned to take responsibility.

One of these advisors was former chairman of the Keidanren, a giant in Japan's business world. If you say they should replace the management, Tepco has already done something of the sort. And yet today's disaster has occurred.

"Japan absolutely needs nuclear power to supply electricity for its economy.
If Japan stores too much plutonium, generated from burning nuclear fuel, there would be concern from abroad. Japan must therefore re-cycle its nuclear fuel."
In other words, there is this inflexible mindset of one absolute following another, carried onto its extreme consequences.
Those who say that nuclear power is dangerous, like myself, are then treated as state enemies.

This is a truly terrifying logic, is it not? Whoever it maybe, be it a Diet member or governor, no one has been able to fight such logic thus far.

When an absolute logic which brooks no criticism is created, attempts to reasonably measure and deal with risk are crushed.

Even worse, a delusion emerges where people believe it is something like a cause, a righteous thing to hide facts and pretend as if nothing is wrong. Because promoting nuclear power is for the interest of the nation as a whole.

In such a situation, however much data is provided or how often we are reassured about safety, we will not feel safe. For the feeling of safety is not a science.
Feeling safe is all about trust - am I not right?
If the public cannot trust those responsible for the power plants, there is no sense of safety.

I am not saying that we must stop all existing power plants.
But now that public trust in nuclear power has been reduced to rubble, it is not possible to continue nuclear energy policy as before.

I would like to end by stating how I believe nuclear power policy should be changed for the future.

There is an organization called the Nuclear Safety Commission which determines the framework of how nuclear power plants operate.
Their powers, as written on paper, are considerable.
But in fact, the committee does little serious work and is essentially an empty shell.
The first step is to make the committee a completely independent organization and committee members directly elected by the public.
In that case I am happy to offer myself as a candidate for the committee.

When nuclear power plant policy is made in Germany and France, years and years of debate takes place. In every stage of the process, there are measures to reflect the public will.

The government and utilities are likely to respond by saying that Japan's economy can't wait for such a slow process. This is precisely the kind of attitude - "nuclear energy is absolutely necessary and so nuclear plants are absolutely safe" - which leads to this nuclear absolutism which I have pointed out today.

What is needed now is to create a sense of safety based on trust. A sense of safety not based on simply data and sheets of paper, but built up after a long and thorough process engaging all possible methods with the public.

This is a test for Japanese democracy.
We must make a flawless framework for operating Japan's nuclear power plants, one that the people of the world can feel safe about. If not - and I say this emphatically - foreigners and foreign money will no longer come to Japan. Japan will destroy its own economy only to save its current nuclear power plants.

I ask: is this the way to show our respect to the thousands who died in the Tsunami, tens and hundreds of thousands who have lost their homes? Those engaged in nuclear power policy should keep this question close to their hearts.

That is all for my statement.

コメント(19) 佐藤栄佐久

■コメント

支持します!原子力安全保安委員会に入ってください!

『知事抹殺』を読みたいと思い、平凡社にアクセスしました。
そこで思い出すのは、もう一つの“知事抹殺”でした。それは新全国開発計画の大規模開発地、志布志開発が計画されましたことにかかわります。1970年代でした。。
 その開発期、志布志湾に接する宮崎県の串間市や日南市の漁民たちが、鹿児島県志布志開発の影響を受けると賛成せず、その地元県民の意向を受けて、宮崎県知事はこの開発に賛成しませんでした。すると、宮崎県知事は違法行為があったとして、裁判にかけられ、辞職させられました。その失職記事をみて、やられたな、と思いました。
 そう思ったのは、一人の町長を思い出してのことでした。第一次の全国総合開発計画で、開発された茨城県の鹿島臨海工業地帯の建設当初、鹿島町長の黒沢さんは、この計画に反対をしていました。ところが、この黒沢町長は次期のの町長選挙で、選挙違反に問われ、裁判にかけられ、異例な速さで判決が下されて失職しました。あっという間に判決が決まりなした。“町長抹殺”でした。
 その失職直後、黒沢氏にあって、「本当に選挙違反をしたのですか」と尋ねました。すると、ぎょろっと私をにらみつけて黒沢氏は「おめえは、どこの生まれだ。選挙つうものを知らねえな」と笑われました。
 そのちょっと前、私は、わが郷里、大分県南部で原発計画に反対するという小さな住民運動を報じた記事を、母が送ってくれた干物を包んだ地元紙の記事で読みました。そこで、三重県の南島町の漁民が原発に反対しているという新聞記事を目にしていましたので、伊勢市に行ったいでに、一泊の予定で南島町に寄り道をしました。町役場に原発反対の横断幕を張っていました。町役場の受付で、原発反対の話を聞きたいといいましたら、「わかる人はいません」とのこと。「郷里で原発問題がおこっているので、なぜ反対なのか、教えてほしい」と申しましたら、なんと、反対運動の事務局長が助役で、居留守をきめこんでいました。助役室に通された時、まず驚いたのは棚によく整理された記録を綴じたファイルでした。そのファイルをお借りして民宿に泊まって、書き取り、フィルムカメラで写し、翌朝、芦浜原発予定地にもっとも近い漁業集落の漁協に行って話を聞きました。
 ビラのあまりももらいました。そして漁民の原発学習に圧倒されました。漁民がもっとも信頼し、頼りにしたのは、中部電力が主催した原発講演会の講師陣のなかの東大教授でした。漁民の質問に「調査してみなければわからない」と答えた水産額研究者でした。
 この南島町旅行で、県や中部電力が豪華な見学旅行を案内する行き先が、東海村の原子力研究所だというので、後日、東海村にも行ってみました。その行程の途上で、出会ったのが、鹿島人工港の造成事業、住友金属の圧延工場の鉄骨組み立て現場でした。<この工場群、掘り込み港沿岸が、東日本大震災の被害を新聞記事で読みました。>
 中部電力が計画する芦浜は、東京電力の福島原発、関西電力の美浜原発と三点セットで企画されましたが、今なお建設を許していません。このような原発建設事業は半世紀の歴史となり、私にとっては忘れられない思い出がよみがえってきます。
 
 佐藤さんの本をぜひ読んでみたいとインターネットで注文しようとして、この「コメント」記入欄にであいました.

 ご活躍を願っています。

非常に重要な会見だと思い。直ぐに文字起こししました。
http://bit.ly/gXFDU3

ここに公式サイトが有り既に文字起こしされていることを知りました。

videonews.comの時刻(00:00:00)も併記しましたので、
ご参考まで。
「安心とは信頼です。違いますか?(00:16:07)」
に胸打たれました。
佐藤様の勇気ある行動に感謝します。

事故後、政府は、子供や、原発労働者の被ばく限度量を上げ、また、野菜等生産物の安全基準も緩和しました。
 これまでの基準に対して、見せかけの『安全』だったのだとの疑念は一層深まりました。
 東電社長が、免責もありうるとの認識を示しましたが、安全への配慮を怠っていたことは、佐藤前知事が指摘する通りだと思っておりますので、免責は到底ありえません。
 今更なのですが、長野の松本市長菅谷氏が、チェルノブイリで、甲状腺がんの手術にあたった医師であると知りました。
 氏のような、経験者が事故後に対策を示していたにも関わらず、その意見に基づいた対策が、福島で取られなかったことが残念です。
 今も、放射能に対しての姿勢が、自治体で揺れております。
 私の大切な故郷福島が、よりよい未来を見いだせるよう、祈るばかりです。
 佐藤前知事のような方が先頭を切ってくださると心強いのですが。。
 今在住の四国では、この事故を受けて、四電の原子力対策本部が、高松から、松山に移転することがやっと決まったようです。伊方発電所は愛媛にあるのですから、当然ですが、これまでかなわなかったのです。
 事態はよい方向に向かっていると信じて、国民の一人として、声を上げていきたいと思います。

逃げてるな

郡山市民です。毎日地震と見えない放射能におびえながら生きています。
郡山はまだ被害も少なく、他の県や、街の人たちと比べたら、全然いいほうです。
でも、国の邪魔なものは、抹殺する。このような事実があるということ、とても怖くなりました。
私も福島県に住んでいながら、原発のことについては、全く無知でした。
学校でも詳しく教わらなかったと思います。
教わっていたら、覚えていると思うからです。
安全安全という売り文句があったからこそ、子供たちにも教育が無かったのではないかと思います。
東電が色々な事実を隠し、内部告発も国も何もしない。
こんなことがあったのですから、今TVで報道していることは信じることができません。
TVで出ている放射能の数値も、実際とは違うようです。
友達の病院の放射線科の方が調べたようです。
TVとは違う数値が出てきたようです。
数値を測っている場所も外ではなく、地上3階から測っているところもあるようです。
でも私たちは、居場所がここしかないのです。
逃げることはできません。逃げるお金もありません。
国会中継見ますが、くだらないことしか話し合っていません。
こんなに大変な事態になっているのに、協力もせずに、足の引っ張り合いです。。
本当に安全、すぐに人体に支障はきたさない。
そういうことを言うなら、今国会で毎日話し合っている政治家たちは子供や孫を福島県に住ませ、安全と言ったらいいのではないでしょうか。
現地にも来ない癖に何ができるのでしょうか。
あんな話し合いはどこでもできます。
被害のあった県を回って行ったらいいのではないでしょうか。
あんな無能な政治家のもとで暮らしているという環境がいやです。

私は現在、埼玉県在住の福島県郡山出身の無職です。
震災以来、故郷に対して、何もできない自分にいつも腹が立って、毎日のニュース、インターネットで情報を収集しております。
関東キー局の民放の情報規制なのか、なんなのかわかりませんが、そして福島県に対する報道。
「福島」第一原発、という言葉が繰り返されるたび、福島県が汚れた県として全国に報道されていきます。風評被害を風評被害と報道し、さらなる風評を作り、農家を含め福島県人自体が、テレビ、新聞に汚されていくことに日々悲しさを覚えます。
今の県知事も頑張られておりますが、27歳の私が物心ついたときから知事でいらっしゃった貴方様がある種のリーダーシップを発揮されることを願います。
東京の人間が、テレビの中で放射能、放射性物質に対して、恐怖を言っていることにとても違和感ですし、腹が経ちます。

内閣という、政府という無能を抱えた今のこの状況の犠牲になるのは市民です。今現在、福島県をでてしまった方々がいつかうつくしま福島県、に戻れること、それを信じ叶うように私も頑張っていきたいと思います。

 東電社長がお詫びに避難所を回っているとのニュースを見ました。
 過日の予算審議委員会で、釈明にあたっていたのも、東電社長だけでしたよね。
 
 経産省の人たちは、東電だけになすりつけて逃げているとしか思えません。
 
 今回、被害に遭った方たちへの補償は、天下りの役員たちの全報酬と、原子力と名のついた、有名無実の関連団体(今回の事故でも何の役にも立っていないそうですね)への予算全てをつぎ込んでから、電気料の値上げにしてほしいです。
 
 庶民から巻き上げようなんて、ずるいです。
 
 もっと、経産省の責任を追及したいです。

佐藤氏には、もっといろんな場で経験を語って、流れを大きくしていっていただきたいと思います。応援しております。

悲惨な状態になってやっと皆が原子力の怖さに気が付いたようですが、
本当の怖さは核廃棄物ではないでしょうか?
何万年も誰が責任を持って管理出来るのでしょうか?無理です。
自分のところにさえ危ないものがなければいい、とりあえず今自分が生きているときだけ安全ならばいいという考えが変わってほしいです。
自然のサイクルに戻れないようなものには手を出すべきではない。
原子力がなければないなりに、日本人は必ず知恵をしぼってすばらしい社会を作るはずです。
でも、足の引っ張り合いしか出来ない政治家だらけでは・・・・。

初めてコメントさせていただきます。

大好きな福島に、綺麗な福島に、こんな事が起こるなんて思ってもいませんでした。

日米共同で作成した、福島県の土壌汚染マップが公表されました。国はそんな事をしていたのですね。

福島県の子ども達に年間20ミリシーベルトの基準を強要し、二本松で行なわれた講演会で、広島被曝者2世である教授に、『国の指針に従うのは、国民の義務である。将来を悲観するな。』と言われても、同意出来ない自分がいます。

5月1日の国会中継の、新潟の森ゆうこさんの質疑には喜びを感じていたのですが…。

私は誰を信じて生きていけばいいのかわからなくなっています。きっと他の福島県民もそう感じていると思うのです。

先生が知事だった時代の福島県に戻りたいです。


 避難生活中に、何人もの方がなくなっています。。
 

 私は学生時代を郡山市で過ごしました。今回の事故を受け、佐藤様の心中は察するに余りがあります。『知事抹殺』を拝読し、原発の犠牲者であることも知りました。本当に困ったものです。

良く行くブログで佐藤様の著作が紹介され、著者様の情報を調べていてこちらに辿り着きました。

事故後、政府発表やネット上にあふれる原発擁護論に漠然とした反感・違和感を感じていましたが、
佐藤様の発言を拝見してその感覚の正体が解ったように思います。
多量の情報を吟味できず不満を募らせ、愚かな扇動者になる恐怖から口を閉ざしてしまう私のような
人間は、問題の本質を見極めつつ冷静に丁寧に道を説かれる方がおられることで何よりも安堵し、振
り返って自身を見つめ直し、そして勇気付けられます。

遠く離れた関西からですが佐藤様のご活躍をお祈りさせて頂きます。

数日前、山形県の人と話をしていて、「浜岡原発は、なんで止めたの?」とか、「止めたら電気間に合わないんじゃないの?」と言った話になりました。
こんな時、意識の違いに愕然として、どこから説明したものかと思うものです。

私は以前、原発に疑問を持ち始めていた頃、福島県の「エネルギー政策検討会」を傍聴させて頂いたり、それと同時期に開いていた「市民検討会」でも勉強させて頂きました。
その結果、この発言内容は、至極あたりまえの様に感じるのですが、「日本の原子力政策は、次のようなロジックで成り立っている・・・」の部分などは、一般的には、まだ違和感がある、もしくは、仕方がない、と思っている人も多いのではないでしょうか。

それは多分、突き詰めて考えたことが無いからだと思います。
そんな事は政治家とか役人の問題と言ってしまえばそれまでですが、その無関心な日本人の性格を変えなければ、同じようなことが起こるのだろうとも思います。
そんな意味で、TV番組でお笑い的に政治を取り上げる番組が増えてきていることは、良い兆のように思います。

これからも、佐藤さまのご活躍の場が増えることをお祈り申し上げます。

 愛媛在住です。
 先日の、愛媛新聞を読みました。
 佐藤前福島県知事と、加戸前愛媛県知事が、それぞれ原発に対する今の考えを語るというものでした。
 加戸前知事が、まるで国の原発推進政策をそのまま読み上げたような原発容認の考えを述べたのに対して、佐藤前知事は、原発は未来において共栄できない施設だと述べておられました。30~40年後には、廃炉と核廃棄物だけを子孫に残すことになると。。
 愛媛県現知事は、いかなる判断をするのだろうかと思っていたところ、本日の新聞で、脱原発に向かうとの考えを表明していました。
 福島出身者として、福島県民の苦難という大きな犠牲の代償として、放射能に誰ひとりとしておびえることのない未来を望んでおり、これは、一つの朗報だと感じております。
 また、孫ソフトバンク社長の脱原発に全国の首長が何人も賛同しています。
 佐藤前知事の活動も少しは報われたのではと思っております。
 もっと確実な未来へつなげるよう、今後も佐藤前知事のご活躍を祈っております。
 

知事抹殺読みました
東電のことや、知事を辞めさせられた真実を知りました

東電の隠蔽体質を佐藤元知事は許せなかった原発を止めて
徹底して事故調査を提出させた事など詳細に書かれていたことに
驚きました

JC時代から良くご指導を受け、覚えている言葉に「青年が動くとき世の中は変わる」
講演の最後には何時も言っておられました

福島が誇る大政治家を国策捜査が動き、事件が作られてしまった
福島を世界の汚名さらすことなど、知事が県政を司っていたら防げたかもしれない

最高裁で無実を晴らし、再度、知事選に打って出てください

小さいときから原発問題には興味があり、プルトニウム、放射性廃棄物の怖さについても素人ながら知っていたつもりです。

一市民ではありますが、政治的立場は保守系リベラルの無党派と思っています。投票行動は、自民党で今は谷垣さん(今回は全く彼の姿勢に失望しております)ですが、京都府北部なので関電の久美浜原発立地には反対でした。そして多くの保守系の仲間が補助金ほしさのあまり誘致賛成にまわり、私は共産党もどきと思われてきました。

いつかは原発事故が起きると思っていましたが、起きるならば途上国での事故ではないか、と想像していましたが、まさか、こんな形で日本で起きるとは想像もしていませんでした。まだ簡単には収束に向かわないんじゃないか、と心配しております。

マスコミにも原発凍結に舵をきるような番組も少しは見えるようになりましたが、一番気になるのは、エネルギー総量の絶対値を増加させないような文明のほうへ舵を切るべきと思いますが、まだこういう認識に立った番組が見えません。

 また、放射性廃棄物処理の技術が確立できていないで廃棄物が増加され続けていて、将来の人類の大問題になってくることが問題にされず、原子炉の安全性のみに議論がとどまっていることに危惧を抱いております。


今回初めてこのサイトにアクセスさせてもらい、佐藤先生のご意見を読ませていただきました。まさにそのとおりと思いました。今後とも大向こうの権力にめげず、人類のためのご発言をお聞かせください。

ごくローカルなもんですが京丹後市ネットワークコミュニティーT-waveで素人ながら発言しております。
http://www.tango-wave.jp/

『見て見ぬふりをすることが、まるで正義であるかのような-』
「レベル7」という事故後ですら、まさにそんな世論を感じてしまいます。

首相の発言も「個人の意見」となってしまう。


一部のナチュラリストや運動家だけの動きで終わらせてはいけない。
ただ「反対!」と騒ぐのではなく、
また、騒がないことが美徳ではなく、
皆が当たり前に、真剣に、この問題に直視できるように。

佐藤前知事のご活躍を心よりお祈りいたします。


日本政府の対応の悪さに関しては、「本当に人間なんだろうか?」という疑問が浮かびます。
情報操作をするのは、人々の意見が出ないことのためなので、今一番発言力のあるのは福島県の人です。政府はとにかく一致した意見が出ないように情報操作をしているのだから、反対に福島県の一致した意見は非常な力になることでしょう。
日本政府の本質について、日本だけで改善されるとは思われません。世界中に日本政府の対応の悪さ、無秩序さ、無責任さ、心のなさが報道されることによって、意識が変わっていかなければなりません。

日本政府の本質について書かれているわたしのブログになります。
どうか、福島県の人たちのこれからの政府との戦いの糧にしてください。
政府は信頼するべき存在ではなく、一致団結して交渉するべき相手ということが、如実にわかることでしょう。

■コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。